2016年01月29日

フィッシャーマンズガーデンのランチ

昨日まで母が入院していた病院に日参しておりました。
病院が新船橋駅の近くだったので、たまに新船橋のイオンモールで買い物をしたりランチしたりする事も。

って事で、久しぶりにイオン内の
「フィッシャーマンズガーデン」のランチブッフェにも行きました♪
携帯 216.jpg


海鮮丼が食べ放題のお店です。
平日ランチは時間無制限! 食べるのが遅い私にはありがたいです♪
     
席に案内されると、こちらのメニューを渡されました。
平日ランチ限定の、注文制のテーブルサービスだそうです。
携帯 197.jpg

店員さんに
「以前はもっと大きな丼ぶりだったのですが、最近、お茶碗程度の小さい丼ぶりに変更させていただきました。どうかご了承ください」
と申し訳なさそうに言われたのですが、食べ放題の店で大きな丼がドーンと出てきたら他の物が食べられなくなってしまうので、むしろお茶碗サイズで正解なんじゃないかしら。

で、注文した『サーモンいくら丼』と、まず最初に取ってきたサラダと味噌汁(あら汁)です。
携帯 195.jpg

携帯 196.jpg

サーモンいくら丼、美味しかった♪ 大きさも女性用のお茶碗サイズで丁度良いです。
アラ汁は、前はもう少し大きな身が入っていたのですが、この日は細かい肉片と骨ばかり。もしかして他のお客さんが掻き混ぜまくったのかなぁ‥。
  ●続きを読む●
posted by じみりん at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退院しました♪

急性胃潰瘍で入院していた母が、退院しました。
まだ自宅療養&通院は必要ですが、とりあえずホッとしました。

ただ、母も私も、入院したままの方が楽な部分もあるんですが(笑)

たとえば入院中は点滴で薬を投与してくれていたのですが、退院時には家で服用する5日分の飲み薬を渡されまして。
持ってきてくれた薬剤師さんに
「痛み止めはあるんですか?」
と訪ねたら
「いえ、今回は薬のせいで胃が荒れてしまったのが原因のようなので、最低限の胃の炎症を抑える薬のみです。
もしどうしても痛みが我慢できなかったら、また相談してください」
と言われました。

つまり、あばら骨のヒビや歯ぐきの痛みは、我慢するしかない!

しかも年末からずっと風邪が治らない母は、入院中もゴホゴホとしょっちゅう咳き込んでいて、担当の消化器科の先生が手配してくれて耳鼻咽喉科でも診察してもらった位なんですよ。(長引いているけれど、ただの風邪との診断でした)
でも、やはり風邪薬も胃に悪いから無しなっしー。
咳き込むとアバラが痛いと思うけれど‥頑張れマミー(>_<)
 
私の方は、着替えを持って病院に通う必要はなくなったものの、毎日の食事が〜。
まだお粥食なんですよね、母。
柔らかオカズのレパートリーなんて、料理下手な私にはほとんど無いよ。とにかく野菜を細かく切って煮込むのみ‥(^_^;

まぁでも、やはり母は家に戻れて表情が明るくなったので、退院できて良かったです♪
ご心配くださった方、ありがとうございました。
posted by じみりん at 04:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

転んだ母が入院しました

シリーズかよ! って感じですが‥。

母が吐血して入院しました↘↘
(命に別状は無いので大丈夫です)

12日(火)の夜、玄関の外で転んで顔面からガツンといった母。
13日(水)に歯医者で歯の治療してもらいましたが、歯がそんな状態なうえに、鼻もアゴも口元も内出血で赤黒くなり、体にもあちこちアザが出来ているのに「そんなには痛くないよ」と言い続けていましたが
15日(金)にようやく体が痛い。すごく痛い。痛くて眠れなかった。と言いだし、外科に連れて行ってレントゲンを撮ったらアバラ骨にヒビが入っていましたΣ(@_@;)

でもまぁ、歯もアバラ骨も自然に治るのを待つしかないので、それぞれの病院で貰った「化膿止め」と「痛み止め」と「カゼ薬」を飲みながら安静にしていました。
母は痛くて辛いだろうけれど、このまま1か月ほど経つのを待つだけ‥と思っていたのですが。

17日(日)。
母に大丈夫か確認して、都内のイベントに遊びに出かけていた私。
夕方5時半すぎに母から電話がありまして。
何かと思ったら、息も絶え絶えに
「吐血した‥気持ち悪い‥」
と Σ(@_@;)

「今から帰るけれど、でも今、池袋だから1時間半くらいかかるよ! とりあえずK男(弟)に連絡しておくから!」
と叫び、船橋市内に住んでいる弟に連絡して様子を見に行ってもらう事にしました。

帰りの電車の中で、弟から
「救急車を呼んだ。これから××病院に向かうから、戻ったら××病院に車で来て」
と連絡がありました。

家に戻ってからすぐに病院に行き、弟に合流して話を聞くと、
最初に、一昨日診てもらった病院に電話をしたら
「日曜だから対応できる先生がいない」
と言われてしまったらしく(せめて翌日ならねぇ‥)、それで救急車を呼んだとの事。

私が行ってから30分ほどで検査が終わり、お医者さんから説明を受けました。
検査の結果は、胃潰瘍。

「胃の中が血でいっぱいだったので、まずは血を抜いて、それから胃カメラで検査をしました」
と言われつつ見た胃カメラの画像には、かなり大きな潰瘍が3つもありました。
しかも
「出血が止まっていなかったので、胃の下の方は血で映っていないんです。たぶん、そちらにも潰瘍があると思われるので、4つか5つはあるんじゃないでしょうか」
との事。

「これは前々からあったものではなく、ごく最近になって出来たものだと思います。何か思い当たる事はありますか?」
と訊かれたので、
●火曜日に転んでケガをした事
●口の周囲を酷くぶつけた為に口があまり開かず、流動食のような物を少し食べる程度になっている事
●その状態で薬を色々飲んでいるので、胃が荒れそうだと本人が心配していた事
●元々、胃が弱くて普段から胃薬を常用しているが、今貰っている薬の中に胃薬の成分もあるので、今は常用している市販薬は止めている事
を話ました。
で、持ってきた母の『お薬手帳』を見せると、
「あぁ‥これが痛み止めか。結構強いやつですね。たぶんこれが原因でしょう。今日は薬剤師がいないので、明日この『お薬手帳』を薬剤師に見せて相談してみます」
だそうです。

ちなみに私の話を聞くまで、医者と看護婦とで『顔のアザや傷は何だろう? もしやDV?』と話をしていたそうで『きいて納得しました』と言われましたよ(^_^;

とりあえず、1週間ほどは入院の予定です。

今日明日は水も飲まず点滴での治療との事。
母は薬でちょっと意識が朦朧とはしていましたが、一応は起きていて会話が出来る状態だったので、簡単に説明をして(でも半分眠っている感じだったから、明日になったら忘れているんじゃないかな)、少しだけ話をしてから帰ってきました。

薬で頭がボーッとしている状態の母が、短い会話の中で私に2度も嘆いたセリフが
「こんな日に限って、古くて変なパンツ履いてる‥」
救急車で運ばれる時に、よっぽど気になったのね(^_^;
明日、なるべく新しくて可愛い下着を持っていってあげようと思います。

いや〜〜、顔面を打ち付けて食事があまり取れなかったせいで、まさかこんな事になるとは。
まぁ考えたら、薬の『食後30分以内に服用』っていうのは、通常食の事だもんね。
転んでからの母の食事は、ゆる〜いお粥(しかも茶碗半分程度)や、栄養補助食品のゼリー飲料や、プリンなど。
しかも母はいつも食後すぐには薬を飲まず20〜30分たってから飲むクセがあったので、胃がカラの状態で薬を飲んでいるのとほとんど同じだったんでしょうね。
元々の胃が弱いせいもあると思いますが、薬の服用には注意ですわ。
posted by じみりん at 05:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

転んだ母の歯の話

昨日、外で転んで顔面から地球に激突し、歯が1本無くなってしまった母の話ですが‥。
今日、歯医者に連れて行ったら、驚く事がありました。

受付で顔のケガを驚かれた後、とりあえず母だけが診察室の中に入っていき、私はロビーで待たせてもらっていたのですが‥。

暫くしたら、看護婦さんに
「今から先生のお話があるのですが、お嬢さんもご一緒に‥という事なので中へどうぞ」
と言われまして。
『なぜ私まで?』と不思議に思いながら入っていきました。

すると、撮ったばかりのレントゲン写真を見せられまして。

なんと!! 
母が、
「折れて無くなってしまった」
と言っていた歯(前歯の2本右)は、実は折れたのでも抜けたのでもなく、
歯ぐきの中にめり込んでいたのです!!

折れても欠けてもいない状態で、ただ垂直にメリ込んで、ほとんど見えない状態になっていたと。

歯医者さんも、少しだけ白い歯が見えていたから半信半疑でレントゲンを撮ってみて驚いた‥と言っていました。
私が、
「どうりで、探しても歯が見つからないはずですね‥。てっきり母が飲み込んだのかと思っていました」
と言うと、
「そりゃあ、飲んだと思ってしまっても当然ですよ。僕もこういうのを実際に見たのは初めてです」
だそうで‥。

まぁ、昨日、私は母の口の中はちゃんと見ていなくて、本人が
「歯が1本無くなった!探して〜」
と言うのを、そのまま鵜呑みにして外を探しまわっただけなのですが‥。
でも、もし見ていたとしても、ほぼ見えなくなるほどメリ込んでいるなんて想定外で気づかなかった気がします。
母本人も
「その部分からの血が止まらない状態だったから、ちゃんとは見えなかった」
と言っていたけれど、もしちゃんと見たとしても、少しだけ出ていた白い歯は、残った根っこの部分で、その上は折れて飛んだ‥と思うだけだったんじゃないかしら。

で、私はまたロビーに出されまして。
1時間半後くらいにまた呼ばれて中に行くと、新しいレントゲン写真。

先生が、メリ込んだ歯を引っ張り出して元の場所に納めてくれていました!
ちょっと自慢そうに
「うまく元に戻せましたよ! ほら、歯と肉の堺に隙間も何もないでしょう?」
と言われ、本当に普通にしか見えない歯並びのレントゲンに感心しました。

なんかビックリして、お礼を言うだけで何も訊かなかったんだけれど‥。後から考えると色々と不思議な事ばかり。
そもそも、どうして1本だけ、そんな事になったのか?
めり込んだ歯を引っ張り出して、どうして歯ぐきも元通りで歯との隙間もなくピッタリになっているのか?
なにより、歯が丸ごと(と言っていいくらい、最初のレントゲンでは先っちょしか出ていない状態だった)中にめり込む事がどうして出来るのか?

いや〜〜、人体の不思議なっしなー。
(たぶん私が中に呼ばれたのも、先生があのレントゲンを見せたかったんだと思う。後で本人から話だけ聞いても信じないかも‥と思ったんじゃないかしら)

家に帰ってから母に、
「そんな状態だったなら、よっぽど痛かったでしょう。よく我慢したね」
と言ったら
「先生にも『これは痛かったでしょう』って言われたんだけど‥。顔面を打ち付けて全体にマヒしていたから、あんまり痛みは感じなかったのよ。とにかく出血がひどいのが辛くてねー」
だそうな。
むしろ麻痺?が取れてくる今日の方が、個々の場所は痛くなってくるかもしれないですね。
歯医者さんで、ちょっと強めの痛み止めをくれたので、どうにか凌げるとは思うのですが‥。

とりあえず、
『歯がちゃんと安定するまで、半月〜1か月くらいは、あまりその歯と両脇のグラついていた歯は使わないように』
との事なので、暫くは柔らかい食事を考えなくちゃです。‥料理のレパートリー少ないから辛いわ(^_^;

ちなみに今日はお粥でした。作ったんじゃなく、家に常備してあるレトルトのw
posted by じみりん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

転んで流血

いきなりですが、先程18時頃の話。

母がモゴモゴ何か言いながら居間に入ってきたので「?」と振り向いてみると‥なぜか顔にタオルを当てている。
で、次の瞬間、ティッシュをババッと取ると、口からドバァと血の塊を吐き出した!
  ええっ!?Σ(@_@;)

いやもう、ギョッとしましたよ。
どうしたのか訊いたら「転んだ」と。
よく見れば、顔に当てているタオルも血まみれ。服も血で汚れている。
家庭内スプラッタ(>_<)
   
とりあえず顔の傷を確認したら、鼻の下と顎の部分が切れていたんですが、深い傷ではないようで、すでに血は止まりかけていて、ホッ。
消毒薬を付けて、しばらく静かに横になっていてもらいました。

今日、町内の仲良しさんが「自家菜園で採れた野菜を持っていけ」というので、自転車で取りに行って、カゴいっぱいの大量の野菜を持ち帰っていたそうなんです。
で、そのまま自転車のカゴに入れたままにしてあったので、その時間(18時頃)に玄関脇に置いてある自転車に野菜を取りに行き。
急に足がもつれて転んだ‥と。
両手に野菜を持っていたので、手をつく事が出来ずに顔から地面に突撃したようです。

転んだ時に口元を地面に打ち付けたようで、歯が1本折れて無くなったので、その歯を探してくれ。というので懐中電灯で外を見てきましたが、歯は見つからず‥。どこかに転がっていっちゃったのかなぁ。
(絶対に飲み込んではいない!と言うの。口の中に血があふれてきたからベッと何度か吐き出したので、その時に飛んだのかも? だそうな)

ちなみに母が転んだと思しき場所、下が石畳なんですよ(>_<)
すぐ横は土だったから、そちらならもう少しマシだったと思うんですが‥。でも逆に、数歩先は玄関で2段だけだけれどコンクリの階段になっているから、その角に顔面打ち付けたりしなくて良かったわ。

白っぽい石畳の上に赤い血が飛び散っていたので、掃除してきました。
明朝、前の道を通りがかった人に見られたらビックリされちゃうもの。

折れてしまった歯以外にも、グラグラしている歯がある。というので、明日、歯医者に連れて行きます。
外科にも行く?と訊いたら「傷はたいした事ないからイイ」と言うので、まぁ様子を見て考えますわ。

って事で‥年配になったら両手に荷物を持つのは避けた方が良いと、しみじみ思いました。
転ぶのはもう仕方ないからねー。その時、片手だけでも空いていないと命にかかわるよ。
てか、お年寄りに限らないですね。やっぱり片手は使えるようにしておかないと危険!
皆様もどうかお気を付けて〜〜。
posted by じみりん at 19:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする